いきなりライカ

初めてのカメラがバルナックライカ、仕事のついでに旅を楽しむ

あの日から6年

このテーマでブログに書くかどうか迷っていたが、適度なタイムラグもあって書いてみたいと思えるようになった。

3月に東北の海岸線を旅してきた。

 

20代のほとんどを仙台で過ごした。オレの青年時代は東北とともにあった。

仕事にも行き詰まり、どん底も経験した。最初の2年は苦い思い出ばかり。たぶん、精神的にも病んでいたと思う。

3年目からやっと浮上することができ、生活も落ち着いてきた。

高橋克彦氏の歴史小説に出会った

Amazon | 炎立つ 壱 北の埋み火 (講談社文庫) | 高橋 克彦 | 101-125回 通販

 Amazon | 火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫) | 高橋 克彦 | 101-125回 通販

 

炎立つ、火怨(かえん)、風の陣、天を衝く など

時の政権に立ち向かう蝦夷たちの魂が オレの心に沁みていった。

仙台に、東北に 今でも強い愛着がある。

 

あの日、6年前の3月11日 大震災が起こった。

オレが被災地で目の当たりにした状況は悲惨すぎた。真正面からは見ることができなかった。

あの日から6年、東北の海岸線をまわってみようという気になった。

悲惨な状況から浮上する姿を、この目に焼き付けておきたい。あの時のオレも、もがきながら復活することができた。東北の力は、蝦夷の力は、偉大なのだ。

 

3月9日に仙台の仕事を入れた。

その後に、レンタカーを借りて2泊3日の旅にでかける。

10日 松島へ

11日 石巻~南三陸

12日 気仙沼奥州市という旅程を目論んだ。

そして、思いきり楽しんでこよう。

松島(五大堂、遊覧船)

松島を訪れるのは5回目ぐらいになるかもしれない。震災後は初めて。

五大堂

f:id:futachang:20170801093825j:plain

遊覧船に乗って

f:id:futachang:20170801093936j:plain

f:id:futachang:20170801094033j:plain

f:id:futachang:20170801094219j:plain

石巻サンファンバウティスタ号)

www.santjuan.or.jp

サン・ファン館は、できたばかりの頃にいったことがある。当時は、乗船することができたが今はダメになっているみたい。

復元されたサンファンバウティスタ号

f:id:futachang:20170801094620j:plain

f:id:futachang:20170801094641j:plain

f:id:futachang:20170801094705j:plain

雪がちらつきだした。

 

三陸(さんさん商店街)

さんさん商店街 広い駐車場

f:id:futachang:20170801100020j:plain

f:id:futachang:20170801100040j:plain

 

気仙沼

ふかひれ丼を喰らう

f:id:futachang:20170801100133j:plain

 

川崎の柵跡 前九年の役 安倍貞任を偲ぶ

f:id:futachang:20170801100314j:plain

 

中尊寺

f:id:futachang:20170801100757j:plain

弁慶堂

f:id:futachang:20170801101408j:plain

f:id:futachang:20170801105615j:plain

金色堂

f:id:futachang:20170801101443j:plain

松尾芭蕉

f:id:futachang:20170801101611j:plain

 

忘れること、忘れてはいけないこと

オレには、東北の友人もいる。

あの日から数日後、やっと携帯メールが使えるようになって、友人の一人に安否確認メールをした。

返信メールでは、

「私は大丈夫です。ありがとうございます。ただ、妹とはまだ連絡が取れません。」

簡単にメールできない深刻さに直面した。安易にメールを送った自分が恥ずかしかった。それからは、一人よがりな安否確認メールはやめた。人伝に無事がわかったことで納得しようとした。

あの日から6年、あえて悲壮感を忘れようと意識した旅だった。とにかく観光を楽しんで、おいしいものを食べて、人と話をして、お金を使って。

 

3月11日の朝、ホテルのロビーにあったボード。

f:id:futachang:20170801101732j:plain