いきなりライカ

初めてのカメラがバルナックライカ、仕事のついでに旅を楽しむ

ヌーキーを使ってみる

バルナックライカでは、通常は被写体との距離が1mまでしか寄れない。まあ、そこまで寄れればオレには十分なんだけど、ライカにはもっと寄るためのアイテム、ヌーキーなるものが用意されている。40㎝まで寄れるらしい。

そんな純正のアイテムが欲しくて、欲しくてたまらない。

(たぶん、本当はオレには必要ないんだろうけどね、、、)

NOOKY(ヌーキー)

f:id:futachang:20170821153235j:plain

エルマーにつけられるタイプと、ヘクトールやズマールに着けられるタイプがある。

市場に出回ってるエルマー用のヌーキーは少ないみたい、なかなか見つからなかったけど、キレイなものをついにゲットした。

 

早速、装着してみる。

まず沈胴させたエルマーをヌーキーに装着して、

そのヌーキーをバルナックに装着する。

けっこう、ズッシリと重くなるね。

沈胴してるエルマーが少し動くけど、大丈夫だよね?この辺りが不安なまま撮影に入る。

 

いつものように失敗だらけ

f:id:futachang:20170821153940j:plain

あまりうまく撮れてないなあ

 

f:id:futachang:20170821154026j:plain

完全なピンボケさあ

 

f:id:futachang:20170821154110j:plain

唯一、この蛇口だけが普通に撮れてる。

 

接写するとピントにシビアになるんだね。

いつもはテキトーにパシャパシ写してるからヌーキーでの撮影は慣れがいるなあ。

ピントを合わせるのも難しい。二重像も普段みたいによく見えないから、40㎝の目測でも撮ったりしてみたけど、それだとダメなのかもしれない。

 

それにしても、こんなフレームに入っていない失敗まである

f:id:futachang:20170821154836j:plain

 バルナックを手にして以来、初めてやることは、ことごとく失敗している。

まあ、あんまり落ち込まずに、楽しくやるさぁ。