3か月ぶり~

そうかあ。

ブログをほったらかしてからもう3か月かあ。

久しぶりに更新することにしよう。

この3か月、カメラ以外のことに忙しかったわけではない。たしかに仕事は忙しかったけど、ほぼ毎日カメラのことを考えていた。ここまでカメラにハマるとは思わなかったなあ。自分でも驚いている。

何しろ、全くのド素人だから、カメラや写真術を理解するのに時間がかかる。写真を見ても、正直なところ、どこが良いのか?悪いのか?全然わからない。

最近買う本はカメラ関係ばかり、3か月でおそらく30冊は楽に超えている。

ライカ関係、バルナック関係、カメラ小説、エッセイ、教本、写真家の本、写真集

ブレッソン、キャパ、木村伊兵衛北井一夫森山大道、菅原一剛、、、、

とにかく、いろいろと見ることで、写真の目を養いたい。

個人的には菅原さんの本がとても参考になった。

www.amazon.co.jp

 

4月には、京都を歩いているとブレッソンの写真展を開催していた。まさか、自分が写真展に行くようになるとは、、、周囲もびっくりするだろう。(まだ誰にも内緒だから知られていない)実は、近しい人にはそれとなくカメラの話をしたが、どうせすぐに飽きるだろうと思われている反応しかされてないのだ。

あいかわらず、写真の良い悪いはわからないが、自分の好みは少しずつできてきたような気がする。

 

さて、上達のためには、まずは標準の単焦点レンズで被写体との距離感や目を養った方がいいと学んだ。(最近まで、単焦点って何?って人だったんだけどね)

しばらくは、エルマー5㎝で徹底的に撮りまくろう。

この相棒のエルちゃんをいっぱい使ってやろうと思ったが、全くスローダイヤルを使っていないことに気が付いた。

そこで、ミニ三脚&雲台をゲット。

f:id:futachang:20170618164725j:plain

f:id:futachang:20170618164952j:plain

まだ実店舗は敷居が高く、もっぱらヤフオクで情報収集して購入している。

 

セルフタイマー

f:id:futachang:20170618165655j:plain

 

三脚使って、セルフタイマーでパチリ。ここには上げられないけど、結構気にいった写真が取れた。

 

シャッターレリーズ

f:id:futachang:20170618170125j:plain

これはまだ実写では使っていない。

これで夜景とか撮れないかなあ。

 

あとは、ヌーキーとフィルムカッターガイドが欲しいなあ。

撮りたいもの

もしかすると単体露出計の使い方が間違っているのかもしれないが、

絞りをf4にすると明るく撮れて、実際に見た感じと写りのイメージが近づいてきた感じになった。全然ダメなのが少なくなってはきている。

ただ、同じ場所で撮ったスマホの写りには、まだかなわない。

 

だったらスマホでいいじゃん~

て言われそうな気がする。

しばらくは、スマホがライバルだなあ。

 

ところで、オレが撮りたいものは何か?

 

・旅した時に感じたものを撮りたい

 特に古いものやさびれた感じのがいい

・きれいな風景が撮りたい

 故郷のいいところとか撮っておきたい

・人間の人間くさいところを撮りたい

 親が元気なうちに遺影に使えるものも撮りたい

 

これらをスマホじゃなくてフィルムで撮りたいのだ。

だからスマホじゃダメなんです、と自分に言い聞かせる。

 

そして、モノクロ写真が撮りたい。

本当はすぐにでもモノクロで撮ってみたい。

ただ、あれこれするとわからなくなるので、

ISO400のカラーフィルム一本で試行錯誤あるのみと決めてみた。

ヘリコイド~?

なかなか写真はうまく撮れないけど、相方のバルちゃん(バルナックⅢa)には、

ものすごく愛着を感じている。

先日まで2週間くらい西日本方面に出張していた。

ついでに昔の仲間や、実家で家族にも会って、バルちゃんを見せびらかした。

 

フィルムを2本ほど使って撮影して帰ってきたが。

プリントしてみてがっかりした。

真っ黒いのあり、沈胴レンズを伸ばさず撮ったのあり、フレームからズレズレのあり。

全体的に暗い仕上がりだし、、、

せっかく撮った家族写真もボロボロだしね。

嫌気がさしてしまった。

そもそも、ピント合わせが大変すぎるわ~

モチベーションは下がり、撃沈寸前に追い込まれていた。

 

ここからは、あまりにも恥ずかしすぎてブログに書くのも迷ったが、自分の未熟さをきちんと書き残しておこうと思う。

ド素人が独学でやっていると、考えられないミスをしてしまうものだ。

ヘリコイドって何かなあ?とは ずっと思っていた。

ピント合わせは、どうやってやるのか?

U-Tubeで情報収集していると、レンズを回しているように見えた。

だから、レンズを根本から回してピント合わせてたわ~。

なかなかピント合わなくて、レンズを2周くらいさせていた。

エルマーは、3周回すとレンズが外れる。一度、落としそうになった。

2周回してピントを合わす練習をしたりした。バカだね~。

 

f:id:futachang:20170303201624j:plain

そのわりには、こんなの撮れたし、ある意味すごいわ。

 

レンズのレバーにあるポッチは何?

レンズに書いている距離計はどうやって使う?

それは後でいいやと。それよりも露出合わせをマスターしなきゃいけない。

という意識だった。

 

おととい、じっくりエルちゃん(エルマー5㎝)を触っていると、

ヘリコイドに気が付いた。

え? ここ動くよ。これがヘリコイドかあ。

もう一度、映像を確認すると、確かにポッチを触って操作している。

よく無限遠に合わせてとか書いてあったけど、そういうことかぁ。

いろいろなことがわかってきた。

 

なーんだ、ここで合わせられるんやんか。

距離もわかるし、レンズ半周分でピントが合わせられる。

顔から火が出るくらいはずかしいわ。

でも、さすがバルちゃん 使いやすいやん。

 

あとフレームに入る枠も勘違いしていた。

もっとファインダーに目を近づけて、きちんと把握して撮らないとズレズレになる。

 

いまのところフィルム5本くらい使って、やっとスタートラインに立てた感じ。

まあド素人が いきなりライカだから 仕方がないかな。

 

次に気をつけること

・ピント合わせの距離感をつかむ(表示がfeet)

・フレームに入るイメージをつかむ

・絞りを開放気味にして明るく撮ってみる

 

失敗しても、ゆっくり楽しみながらいくさあ。

バルちゃん、エルちゃん、変な使い方してごめんなあ。

初めての写真

YouTubeで何度も映像を確認しながらバルナックにフィルムを装填した。

道路に出て、露出計で測定して、絞りとシャッタースピードを調節して、

パチリ

f:id:futachang:20170303200752j:plain

これがライカ人生 最初のショット。

この時に思ったこと。

ピントはどこに合わせるものなん?(これはまだわかっていない)

えーい、とりあえず、いっとけー。パチリ。

シャッター音、静かだなぁ。

 

撮れたかどうか不安なまま、いろいろ撮っていると

動物が撮りたくなった。

f:id:futachang:20170303201153j:plain

 

逆光で撮るとどんな感じになるか試したくなって

雲に隠れた太陽をバックに

f:id:futachang:20170303201323j:plain

 

木の幹を狙って 写りを確認

f:id:futachang:20170303201624j:plain

 

データはプリントした写真を普通にスキャナーで取り込んでみたもの。

 

この4枚は、かなり上手く撮れたショット。

失敗の方が多かったが、ちゃんと撮れたことに感動した。

 

課題としては、

ピントの合わせ方が難しい。(時間もかかる)

露出計任せにしてるので、自分の判断がなく、あとで確認できない。(覚えてない)

 

そんなことを考えた日でした。

すごいよ、撮れたよ。

最近、やたらと宅配便がウチに来る。

原因は全部オレ。

バルナックに関するいろいろなものが送られてくる。

嫁はんにカメラを買ったのがバレたのは、絞りのリングの発送先がカメラ屋だったからだけど、どんなカメラを買ったかは知られていない。

 

カメラ、写真関係の本、メンテナンス用品、持ち運び用のインナーバッグ、カメラバッグ、、、続々と届いている。かなり怪しく思われてるけどね。

 

オレの相棒

f:id:futachang:20170205153014j:plain

Ⅲaは 1937年生まれ 80歳

エルマーは 1949年 68歳

ずいぶん年上の相棒だけど、仲良くしてもらっている。

第一印象は、ずっしりと重い奴。

体重をはかったら580グラムあった。

ザ・精密機械という感じで、重厚感がもの凄い。

その時代、家と同じくらいの価値だったこともうなづける。

見た目がカッコいいし、部屋に飾るだけでも価値があると思う。

 

自分の相棒を手にして、遠慮なく触りまくることができるようになった。

やっぱり、実際に操作してみないとわからないことだらけ。

シャッタースピードのダイヤルを回すにもコツがいるし、

エルマーの扱いも、ピントの調節も、やってみないとわからないものだ。

とにかく、出張の時以外は、毎日、触りまくっていた。変態だなあ。

 

試写をしたくても、なかなか撮影まではできていなかった。

露出のこと、ピントのこと、フィルム装填、、、

ド素人にはハードルが高い。

露出計の使い方から勉強してるしなあ。

フィルム買うにもいろいろ種類があって悩んでいるんだもの。

 

そして、本日、初めての試写。

ドキドキしながらカメラのキタムラにフィルムを持って行った。

待つこと1時間、凄いよ、ちゃんと撮れてるよ。

構図、ピント、露出、合ってないのも多いけど、すごいよ。

下手くそな写真だけど、ちゃんと撮れたからね。

 

まあ、ゆっくり相棒と向き合っていこうと思った日でした。

小心者です

アナログで生こうなんて題名をつけておいて、

カメラに関する情報収集はネットからネットへデジタルの世界に没頭している。

 

10年ほど前、エビで真鯛を釣る釣法に興味を持ち、単身で船宿を予約して乗り込んだ。常連さんからもビックリされたが、道具も仕掛けも全部借りて、気の荒い船長とも強気で押し通した。あの時はアナログ魂で真鯛を釣ったものだ。

 

しかし、カメラに関しては絵心も芸術のカケラも持ち合わせていないオレは、かなり小心者になってしまったようだ。

周囲の友人にもカメラ通はいないし、いきなりライカというのも気が引けている要因になっている。

「初心者は一眼デジタルから始めなさい」なんて言われてしまいそうだ。

その言葉を跳ね返すほどの根性が、いまのオレにはない。

 

有名な銀座のカメラ店をのぞいてみたが、ケースから観察するだけで実物も触っていないのだ。

とりあえず、買ってみて、いろいろカメラを触ってみて、何が自分に合っているのか見定めてみようと考えた。

さて、肝心のバルナックは何を買うか?  迷いに迷った。

きれいなものならⅢfかな。セルフ有にするか、どうするか?

 

f:id:futachang:20170118190735j:plain

一目ぼれした映像はこれだからセルフ有のⅢfに絞って情報収集していたのだが、

 

f:id:futachang:20170126232210j:plainこんなブラックボディにニッケルエルマーが、かっこいい とか思い始めてしまった。

これはヤバい。底なしになってしまう。

まだバルナックに触ったこともないのに、こんなプロっぽいのに惚れてしまうと遊ばれてしまうだけだぞ。色白のシルバーボディにしときなさい。

そう自分に言い聞かせた。

 

そして、いろいろ考えて、欲しいものもぐるぐると一周回って、

ダイキャストではなく板金でロマンを追いかけることにした。

最終的にⅢa&エルマー5㎝に落ち着いた。

ネットで注文しボディもレンズも整備後に納品されることとなった。

 

ただし、これ以外にも、いろいろと必要なものがあるらしい。

レンズフード、絞りを回すリング、フィルター、50ミリのファインダーも欲しいな。

そうか、露出計もいるなあ。

これら1つずつが結構高い。アクセサリー1個分で安いデジカメ買えちゃうわ。

 

デジタルの世界に浸りつつ、ヤフオクもチェックしながら着々と進めていった。

もちろん嫁には内緒のミッションである。

何十年も前の中古のカメラに10万以上かけているなんてバレたら大変なのさ。

男のロマンを、女には一生わかってもらえない。

「馬鹿じゃないの」こう言われることは十分に承知している。

自宅での荷物の受け取りも慎重にやってきた。

 

知らなかったなあ。

宅配会社からの届けますメールが嫁のスマホに送られていたとはなあ。

突然、嫁から「カメラ買ったの?」

小心者は、ごまかすのも下手なのさあ。

アナログで生こう

仕事でパソコンを使うようになって20年以上になる。

携帯電話を持ちはじめ、いまではスマホの電源が足りなくなるくらい酷使している。

完全にデジタルの生活に浸りきってしまった。

 

いやいや、本当のオレは超アナログ人間だったはずだ。

もっとおおらかに、もっと自然に、ゆったりと生きていきたい。

そう一念発起して、アナログ的な古くて良いものを愛で始めた。

 

まずは仕事のアイテムから、

革製のシステム手帳

万年筆

印鑑

機械式腕時計

 アナログのちょっといいものを末永く使える相棒として使い始めている。

 

そして、ついに手を出してしまったカメラの世界。

いままでバカチョンカメラ(死語かな?)しか触ったことがないくせに、

ましてやここ数年はスマホ撮影しかしていないくせに、

旅行とカメラを趣味にしてみようと安易に考えた。

 

第1段階:どうせならデジタルじゃなくフィルムカメラにしよう。

第2段階:古くていいものがないかな。中古のニコンとかいいな。

第3段階:一眼レフはデカくてごついな。

第4段階:ミラーレスは小さくていいな。でも意見が分かれるな。

第5段階:ん? ライカって何?

aremo-koremo.hatenablog.com

 

このアレモさんのブログを読んで、とても興味を抱いた。

そして、この画像。

f:id:futachang:20170118190735j:plain

んー、渋くてかっこいい。

そして小さい。

 

完全に見た目重視で、

ライカの中でも古いバルナック型を相棒にすることに決めた。

 

まだ一眼レフも触ったことがないオレが、

戦前生まれの相棒を扱いきれるのか?

絞り? シャッタースピード

一応、ネットや本で猛勉強中です。

 

来週には年上の相棒と面談できることになっている。

不安と楽しみでいっぱいだ。