写真家と出会う

ハッセルブラッドで撮って、

はじめて

写真に「風」が写ることを知った。

ライカ・ローライフレックスで撮って

はじめて

写真に「想い」が写ることを知った。

 

この書き出しで始まる「銘機浪漫」を読んだ。

Amazon CAPTCHA

 

そうか、ライカは「想い」が写るのかぁ。

そして、「風」が写るというハッセルブラッドにも興味を持った。

オレにとっては、いきなりライカで、いつかはハッセルみたいな感じだなあ。

こういう雰囲気というか、その場の空気感まで写せる、

そして、見た人に伝えられる写真が撮れると素晴らしいね。

 

著者の森谷氏は「ライカの魔法」も執筆している。

ライカの魔法 | 森谷 修 |本 | 通販 | Amazon

 

この2冊を読んでから 森谷氏のホームページを定期的にチェックしていた。

moriyaosamu.sakura.ne.jp

 

そして縁があり、先週、「露出の勉強会」に参加することができた。

 

そう、露出がオレにとって最大の障害になっている。

いまだに、フィルム1本撮れば、数枚は露出ミスがある。

「想い」が写るどころか、真っ黒になってしまう。

オレのどす黒い腹が想いとして写ったのかもしれないけどね。

 

さて、勉強会に行ってみると、オレを入れて受講者は3名。

森谷氏は気さくな方で、半日かけてみっちりとご指導いただいた。やっぱり、本を読んだだけの知識と、マンツーマンで教えてもらうのとでは効果が全く違うね。

まずは、レンズの原理から始まり、わかりやすく教えていただいた。

プロは露出計数を暗記しているらしい。

なるほど、やっぱりそうか。

その他、質問すれば何でも応えてくれるから、本当に勉強になった。

露出計の使い方、入射式、反射式では18%のグレーカードで実験しながら教えていただいた。フィルターの使い方とかの話も聞けたし、他の受講者の話も勉強になる。

自分で現像しているベテランさんたちだったから、オレにはわからない質問もずいぶんしていたなあ。

 

さて、家に帰ってから知識をオレ流に整理しないといけない。

オレのエルマーの絞りは、

3.5→4→5.6→8→11→16→22

3.5→4の間は3分の1段であとは1段ずつかぁ。

まずはこの部分だけをしっかりと覚えよう。

 

シャッタースピードの露出計数の変化は、

1/1000→1/500→1/250→1/125→1/64→1/32 となっていく。

ところがバルナックⅢaのシャッターは、

1/1000→1/500 

この後に 1/200→1/100→1/60→1/40→1/30

ちょっと違うんだよね。それでテキトーに撮ればいいやってなったんだけどね。

でも250を200として、150を100として、とりあえず置き換えてみよう。

そしてしっかり、1段、1段、絞ったり、開けたりという意識を持とうと思う。

露出計の使い方も間違えてたし、これからは持ち歩くことにしよう。

 

勉強会の帰りに、露出にシビアなリバーサルフィルムを買ってみた。

こんど、試してみよっと。

モノクロの写り方

写真を趣味にしてよかったことの一つは、外歩きをするようになったことだ。

これは健康にもいい。ぜひ続けていきたいと思う。カメラマンは体力が基本ですね。

 

大阪出張の際に、後日泊して京都に寄ってみた。

頭の中は「そうだ、京都に行こう」という言葉がリピートしていた。

こんな寄り道もカメラがなかったらやっていなかっただろう。行ったのは4月の最終週だった。

 

前日に計画を立てる。今回は、八坂神社~長楽寺~清水寺京都タワーという行程で歩いてみた。

まずは京都駅から地下鉄を乗り継いで祇園四条駅まで。そこからは、ずっと歩きっぱなし。やっぱりカメラマンは健康にいいなあ。

途中、寄り道をする。ライカ京都店で菅原一剛氏の展示作品を鑑賞する。これは予定どおり。でもライカショップって、敷居が高かったなあ。

そして歩いていると、アンリ・カルティエブレッソン展という看板が目に入る。これは予定外だが入るしかない。ついこの前までブレッソン?って感じだったのに、今では写真集も持っている。

大阪芸術大学出版部から安く買えた。

刊行物 | 大阪芸術大学博物館 | 施設案内 | 大阪芸術大学

入ってみると、写真集で見慣れた作品の多くがプリントされている。

決定的瞬間かぁ。モタモタして撮っているオレにはまだ無理だけどね。

 

そして八坂神社へ

f:id:futachang:20170717013605j:plain

モタモタしていると画面にイチャつく外人が入ってくる

f:id:futachang:20170717013850j:plain

めんどくせー、そのままパシャ。

 

f:id:futachang:20170717014047j:plain

モノクロって、こんな白いものを撮るとキレイに写るんだなあ。

 

長楽寺へ

f:id:futachang:20170717014432j:plain

歩き疲れてきたためか、ここのショットは露出を間違えて暗くなってしまった。

フィルムはISO100だったんだよなあ。

 

清水寺に向かう途中は雨にも出会った。そういえば、木曽義仲首塚も見たんだっけ。写真には撮らなかったなあ。

清水寺は観光客でごった返していた。

f:id:futachang:20170717015038j:plain

 よく見ると上の方に傘が写りこんでるなあ。

 

f:id:futachang:20170717015255j:plain

 こんな水場も観光客で長蛇の列。オレは並ぶ気もない。

 

そして、一人で長時間 堪能した場所はここ。

f:id:futachang:20170717015443j:plain

東北のヒーロー アテルイとモレの碑。

仙台に7年間住んでいた際に、東北の歴史小説を読み漁った。アテルイはオレにとってもヒーローだ。

彼らと戦った田村麻呂と清水寺は縁が深いらしい。それで、ここに石碑があるのか。

外人観光客はもちろん、日本人も、誰一人見向きもしない石碑の前で、オレはゆっくりと二人を、蝦夷の魂を偲んだ。がんばろう東北。

 

このあとは、京都タワーまで ひたすら歩いた。

清水寺でも、京都タワーでも、景色がいいところでパシャパシャ撮ってしまうけど、あまり好きな写真にならない。景色をモノクロで撮るのは難しいね。高い入場料を取られるから つい撮影したくなるんだけどね。これは課題だなあ。

そして、長楽寺での露出の失敗。真っ黒の中に、こんな1枚があった。

f:id:futachang:20170717021701j:plain

庭園の池と草木を撮ったもの。

池は黒くなってまったくわからないが、モノクロってこんな骨太な写り方をするんだなあ。この木の荘厳な感じ、好きだわ。こんなのをイメージして狙って撮れたらいいなあ。

もっと光をよく見ないといけないんだなあ。こりゃあ、奥が深くて大変だけど、面白いわ。

そして帰ってきても試し撮り。

東京ドームでポールマッカートニーのコンサートで、1枚だけ撮ってみたら、

f:id:futachang:20170717022014j:plain

 やっぱり肉眼とカメラは違うね。

露出計を封印してみる

あれれ? 真っ黒くしか写っていない。

こんな失敗が いっぱいある。

太陽の日差しが強い快晴の日、日向と日陰がはっきりとしたところ、そして逆光。

んー、苦手だわ。

 

光の当たり方で、こんなに写真は影響を受けるんだなあ。

それを考えると、人間の目ってすごいね。

 

最初の頃は単体露出計で計ってから撮影していたんだけど、

逆光の場合、そのまま撮っても真っ黒になってしまう。

www.amazon.co.jp

 

それと露出計に頼ってばかりだと、自分で考えずに絞りを決めてしまうから、

成長に支障があるのでは、と考えた。

そんなこともあり、最近は露出計を使わずに、試し撮りしながら撮影している。

 

4月に長野へ出張、そして善光寺へ。

f:id:futachang:20170708175017j:plain

まだ桜が残っていた。

モノクロで桜を撮影するのもいいね。

だけど、フジのモノクロフィルムってISO400がない。

フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊) | |本 | 通販 | Amazon

この本で、ライカ使いの内田ユキオさんは ネオパン400を使ってるって知って

それを買おうと思ったけど、すでに生産中止になってる。

う~ん、フィルム写真って、どんどんデジタルに押されて、なくなっていってるんだなあ。

フジのモノクロは、ネオパン100しかないみたい。

いままでカラーでは400しか使ってないから、この100での状況変更が初心者にはハードルになったりするんだよね。まあ、仕方ないけど。

 

入口に怖い人立ってる、パチリ。

f:id:futachang:20170708180923j:plain

モノクロって、シンプルゆえに緊迫感がある感じの写り方をする。

この感じは好き。

 

さてと、逆光の建物がある。

いつもだと真っ黒になってしまう。いつもより絞りを開けて撮ってみる。

f:id:futachang:20170708181619j:plain

 

建物上にある 善光寺の文字に寄ってみる。

f:id:futachang:20170708181717j:plain

なるほど~、撮れてるなあ。

逆光の時は、影の部分を意識して露出を決めればいいんだなあ。

そのかわり、日向は白っぽくなってしまうけどね。

 

f:id:futachang:20170708181945j:plain

出店の影を意識してパチリ。ちゃんと商品が写ってるね。

 

f:id:futachang:20170708182252j:plain

f:id:futachang:20170708182327j:plain

f:id:futachang:20170708182354j:plain

善光寺前の風情のある雰囲気、いいね。

 

f:id:futachang:20170708182436j:plain

こんな場所でクラシックカメラの店を発見。

今度来た時には寄ってみるかな。

 

さて、次の課題は、スローシャッターと三脚の使い方。

1秒で撮ったら、どのくらい手ぶれをするのか?

ホテルの部屋で実験してみた。

三脚なし

f:id:futachang:20170708183330j:plain

 

三脚使用

f:id:futachang:20170708183407j:plain

なるほど~

夜間や、暗い部屋では、三脚が有効だなあ。

 

さてと、仕事の準備もしなきゃね~

見たままが写らない

旅をして、目にしたもの、感じたものを、そのまま写したい。

そう思ってカメラを始めた。

 

でも、たったそれだけのことが、とんでもなく難しいってことに気づかされた。

カメラは目で見たままが、そのまま写らない。

 

4月に撮った写真、

f:id:futachang:20170705233041j:plain

畑仕事をしている おじさんをパチリ。

プリントされた写真を見ると、真ん中に小さいおじさんが。

小さ過ぎてなんだかよくわからない。

「こんなに小さくなってしまうの~」

 

f:id:futachang:20170705233538j:plain

これなんて、真ん中に飛び立った鳥をナイスキャッチしたつもり。

ものすごく期待したんだけど、小さすぎて やっぱり何だかわからない。

 

これが被写体との距離感をつかむってことなのかな?

とりあえず、50ミリの単焦点レンズで自分なりの距離感をつかむことに集中しよう。

まずは、もっと寄らないとダメだなあ。

 

でも収穫もあった。

エルマーの緑の写りは すごく好き。

f:id:futachang:20170705234705j:plain

f:id:futachang:20170705234758j:plain

カラーフィルムで撮ったものを見返すと、緑ばっかりだなあ。

カタチに残すということ

フィルムカメラで撮り始めたものの、思いのほか前に進めていない自分がいる。フィルムで撮った数は20本にも満たない。近所歩きで撮ったのが5~6本、地方出張の際に撮ったのが10数本ぐらいかな。むしろ本を読んで勉強することに時間を費やしている。まあ、焦らずゆっくりと楽しんでいくことにしよう。

4月からはモノクロネガも使い始めた。それを機に現像はトイラボさんにお願いするようにした。

www.toylab.jp

やはりデータでも映像が残るのはありがたい。毎日のようにPCで写真を振り返って見ている。仕事も趣味も振り返りが大事だなあ。そして、自分の好きな写真の傾向がわかってきた。

良い写真かどうかはわからない。ただ、自分の好きな写真がわかってきた。

オレの場合は、被写体との関係性が最も大事な要素みたいだ。楽しそうな笑顔で、時にはおどけた顔で、ピースしたり、腕を組んだりしている。そんな写真ばかりを楽しく見返しているオレがいる。風景とか、建物とか、モノとか、知らない人物など、あまり見ずにどんどん飛ばしていくことに気づく。撮り方が下手っていうこともあるが、、、

 

さて、話は変わるが、バルナックをもって実家に帰った時のこと。(埼玉に住んでいるが実家は九州なので滅多に帰れない)

実家には年老いた母が一人で住んでいる。いやプラス2匹いる。老犬と老猫もいる。この2匹はオレになついてない。というか母親以外は誰にもなついていない。オレが実家に帰るといつも2階に隠れていて、ほとんど会うことはなかった。それが、この前帰省した時に初めて2匹と触れ合うことができた。オレのような闖入者を見ても、もう驚きもせず哀願するような目でじっと見ているだけ。もう逃げることができないくらい衰えていた。

初めてのモノクロフィルムで、初めての三脚を使ってみて、母親、犬、猫の3ショットを撮ってみた。現像を確認すると、3枚とったがどれもピンボケ。露出もダメだった。

 

それから1か月後、姉からlineが入った。

猫が死んだ。母親は悲しくて泣きながら電話をしてきたらしい。立て続けに弟からもlineがきた。猫を葬ってきた報告だった。実家を離れているオレだけは、他の兄弟のように母親を慰めたり、手伝ったりすることができない。

何かできないか?

 

ピンボケの写真だけど、少しでも見栄えよくできないか?

そうだプロラボにお願いしてみよう。

www.labtake.jp

一番まともそうなネガから1枚だけのプリントをラボテイクさんにお願いしてみた。

さすがはプロだ。トリミングもしてくれて、キレイに仕上げてくれた。

ピンボケのダメダメな写真でも、オレには大切な一枚。

そのプリントを写真立てに入れて実家へ送った。

 

f:id:futachang:20170701200710j:plain

母ちゃんも、犬も、長生きしてくれ。

3か月ぶり~

そうかあ。

ブログをほったらかしてからもう3か月かあ。

久しぶりに更新することにしよう。

この3か月、カメラ以外のことに忙しかったわけではない。たしかに仕事は忙しかったけど、ほぼ毎日カメラのことを考えていた。ここまでカメラにハマるとは思わなかったなあ。自分でも驚いている。

何しろ、全くのド素人だから、カメラや写真術を理解するのに時間がかかる。写真を見ても、正直なところ、どこが良いのか?悪いのか?全然わからない。

最近買う本はカメラ関係ばかり、3か月でおそらく30冊は楽に超えている。

ライカ関係、バルナック関係、カメラ小説、エッセイ、教本、写真家の本、写真集

ブレッソン、キャパ、木村伊兵衛北井一夫森山大道、菅原一剛、、、、

とにかく、いろいろと見ることで、写真の目を養いたい。

個人的には菅原さんの本がとても参考になった。

www.amazon.co.jp

 

4月には、京都を歩いているとブレッソンの写真展を開催していた。まさか、自分が写真展に行くようになるとは、、、周囲もびっくりするだろう。(まだ誰にも内緒だから知られていない)実は、近しい人にはそれとなくカメラの話をしたが、どうせすぐに飽きるだろうと思われている反応しかされてないのだ。

あいかわらず、写真の良い悪いはわからないが、自分の好みは少しずつできてきたような気がする。

 

さて、上達のためには、まずは標準の単焦点レンズで被写体との距離感や目を養った方がいいと学んだ。(最近まで、単焦点って何?って人だったんだけどね)

しばらくは、エルマー5㎝で徹底的に撮りまくろう。

この相棒のエルちゃんをいっぱい使ってやろうと思ったが、全くスローダイヤルを使っていないことに気が付いた。

そこで、ミニ三脚&雲台をゲット。

f:id:futachang:20170618164725j:plain

f:id:futachang:20170618164952j:plain

まだ実店舗は敷居が高く、もっぱらヤフオクで情報収集して購入している。

 

セルフタイマー

f:id:futachang:20170618165655j:plain

 

三脚使って、セルフタイマーでパチリ。ここには上げられないけど、結構気にいった写真が取れた。

 

シャッターレリーズ

f:id:futachang:20170618170125j:plain

これはまだ実写では使っていない。

これで夜景とか撮れないかなあ。

 

あとは、ヌーキーとフィルムカッターガイドが欲しいなあ。

撮りたいもの

もしかすると単体露出計の使い方が間違っているのかもしれないが、

絞りをf4にすると明るく撮れて、実際に見た感じと写りのイメージが近づいてきた感じになった。全然ダメなのが少なくなってはきている。

ただ、同じ場所で撮ったスマホの写りには、まだかなわない。

 

だったらスマホでいいじゃん~

て言われそうな気がする。

しばらくは、スマホがライバルだなあ。

 

ところで、オレが撮りたいものは何か?

 

・旅した時に感じたものを撮りたい

 特に古いものやさびれた感じのがいい

・きれいな風景が撮りたい

 故郷のいいところとか撮っておきたい

・人間の人間くさいところを撮りたい

 親が元気なうちに遺影に使えるものも撮りたい

 

これらをスマホじゃなくてフィルムで撮りたいのだ。

だからスマホじゃダメなんです、と自分に言い聞かせる。

 

そして、モノクロ写真が撮りたい。

本当はすぐにでもモノクロで撮ってみたい。

ただ、あれこれするとわからなくなるので、

ISO400のカラーフィルム一本で試行錯誤あるのみと決めてみた。