いきなりライカ

初めてのカメラがバルナックライカ、仕事のついでに旅を楽しむ

写真家と出会う

ハッセルブラッドで撮って、

はじめて

写真に「風」が写ることを知った。

ライカ・ローライフレックスで撮って

はじめて

写真に「想い」が写ることを知った。

 

この書き出しで始まる「銘機浪漫」を読んだ。

Amazon CAPTCHA

 

そうか、ライカは「想い」が写るのかぁ。

そして、「風」が写るというハッセルブラッドにも興味を持った。

オレにとっては、いきなりライカで、いつかはハッセルみたいな感じだなあ。

こういう雰囲気というか、その場の空気感まで写せる、

そして、見た人に伝えられる写真が撮れると素晴らしいね。

 

著者の森谷氏は「ライカの魔法」も執筆している。

ライカの魔法 | 森谷 修 |本 | 通販 | Amazon

 

この2冊を読んでから 森谷氏のホームページを定期的にチェックしていた。

moriyaosamu.sakura.ne.jp

 写真家に直接教わる

そして縁があり、先週、「露出の勉強会」に参加することができた。

 そう、露出がオレにとって最大の障害になっている。

いまだに、フィルム1本撮れば、数枚は露出ミスがある。

「想い」が写るどころか、真っ黒になってしまう。

オレのどす黒い腹が想いとして写ったのかもしれないけどね。

 

さて、勉強会に行ってみると、オレを入れて受講者は3名。

森谷氏は気さくな方で、半日かけてみっちりとご指導いただいた。やっぱり、本を読んだだけの知識と、マンツーマンで教えてもらうのとでは効果が全く違うね。

まずは、レンズの原理から始まり、わかりやすく教えていただいた。

プロは露出計数を暗記しているらしい。

なるほど、やっぱりそうか。

その他、質問すれば何でも応えてくれるから、本当に勉強になった。

露出計の使い方、入射式、反射式では18%のグレーカードで実験しながら教えていただいた。フィルターの使い方とかの話も聞けたし、他の受講者の話も勉強になる。

自分で現像しているベテランさんたちだったから、オレにはわからない質問もずいぶんしていたなあ。

 

オレ流に仕上げてみる

さて、家に帰ってから知識をオレ流に整理しないといけない。

エルマーの絞りは、

3.5→4→5.6→8→11→16→22

3.5→4の間は3分の1段であとは1段ずつかぁ。

まずはこの部分だけをしっかりと覚えよう。

 

シャッタースピードの露出計数の変化は、

1/1000→1/500→1/250→1/125→1/64→1/32 となっていく。

ところがバルナックⅢaのシャッターは、

1/1000→1/500 

この後に 1/200→1/100→1/60→1/40→1/30

ちょっと違うんだよね。それでテキトーに撮ればいいやってなったんだけどね。

でも250を200として、150を100として、とりあえず置き換えてみよう。

そしてしっかり、1段、1段、絞ったり、開けたりという意識を持とうと思う。

露出計の使い方も間違えてたし、これからは持ち歩くことにしよう。

 

勉強会の帰りに、露出にシビアなリバーサルフィルムを買ってみた。

こんど、試してみよっと。