カタチに残すということ

フィルムカメラで撮り始めたものの、思いのほか前に進めていない自分がいる。フィルムで撮った数は20本にも満たない。近所歩きで撮ったのが5~6本、地方出張の際に撮ったのが10数本ぐらいかな。むしろ本を読んで勉強することに時間を費やしている。まあ、焦らずゆっくりと楽しんでいくことにしよう。

4月からはモノクロネガも使い始めた。それを機に現像はトイラボさんにお願いするようにした。

www.toylab.jp

やはりデータでも映像が残るのはありがたい。毎日のようにPCで写真を振り返って見ている。仕事も趣味も振り返りが大事だなあ。そして、自分の好きな写真の傾向がわかってきた。

良い写真かどうかはわからない。ただ、自分の好きな写真がわかってきた。

オレの場合は、被写体との関係性が最も大事な要素みたいだ。楽しそうな笑顔で、時にはおどけた顔で、ピースしたり、腕を組んだりしている。そんな写真ばかりを楽しく見返しているオレがいる。風景とか、建物とか、モノとか、知らない人物など、あまり見ずにどんどん飛ばしていくことに気づく。撮り方が下手っていうこともあるが、、、

 

さて、話は変わるが、バルナックをもって実家に帰った時のこと。(埼玉に住んでいるが実家は九州なので滅多に帰れない)

実家には年老いた母が一人で住んでいる。いやプラス2匹いる。老犬と老猫もいる。この2匹はオレになついてない。というか母親以外は誰にもなついていない。オレが実家に帰るといつも2階に隠れていて、ほとんど会うことはなかった。それが、この前帰省した時に初めて2匹と触れ合うことができた。オレのような闖入者を見ても、もう驚きもせず哀願するような目でじっと見ているだけ。もう逃げることができないくらい衰えていた。

初めてのモノクロフィルムで、初めての三脚を使ってみて、母親、犬、猫の3ショットを撮ってみた。現像を確認すると、3枚とったがどれもピンボケ。露出もダメだった。

 

それから1か月後、姉からlineが入った。

猫が死んだ。母親は悲しくて泣きながら電話をしてきたらしい。立て続けに弟からもlineがきた。猫を葬ってきた報告だった。実家を離れているオレだけは、他の兄弟のように母親を慰めたり、手伝ったりすることができない。

何かできないか?

 

ピンボケの写真だけど、少しでも見栄えよくできないか?

そうだプロラボにお願いしてみよう。

www.labtake.jp

一番まともそうなネガから1枚だけのプリントをラボテイクさんにお願いしてみた。

さすがはプロだ。トリミングもしてくれて、キレイに仕上げてくれた。

ピンボケのダメダメな写真でも、オレには大切な一枚。

そのプリントを写真立てに入れて実家へ送った。

 

f:id:futachang:20170701200710j:plain

母ちゃんも、犬も、長生きしてくれ。

広告を非表示にする