読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごいよ、撮れたよ。

最近、やたらと宅配便がウチに来る。

原因は全部オレ。

バルナックに関するいろいろなものが送られてくる。

嫁はんにカメラを買ったのがバレたのは、絞りのリングの発送先がカメラ屋だったからだけど、どんなカメラを買ったかは知られていない。

 

カメラ、写真関係の本、メンテナンス用品、持ち運び用のインナーバッグ、カメラバッグ、、、続々と届いている。かなり怪しく思われてるけどね。

 

オレの相棒

f:id:futachang:20170205153014j:plain

Ⅲaは 1937年生まれ 80歳

エルマーは 1949年 68歳

ずいぶん年上の相棒だけど、仲良くしてもらっている。

第一印象は、ずっしりと重い奴。

体重をはかったら580グラムあった。

ザ・精密機械という感じで、重厚感がもの凄い。

その時代、家と同じくらいの価値だったこともうなづける。

見た目がカッコいいし、部屋に飾るだけでも価値があると思う。

 

自分の相棒を手にして、遠慮なく触りまくることができるようになった。

やっぱり、実際に操作してみないとわからないことだらけ。

シャッタースピードのダイヤルを回すにもコツがいるし、

エルマーの扱いも、ピントの調節も、やってみないとわからないものだ。

とにかく、出張の時以外は、毎日、触りまくっていた。変態だなあ。

 

試写をしたくても、なかなか撮影まではできていなかった。

露出のこと、ピントのこと、フィルム装填、、、

ド素人にはハードルが高い。

露出計の使い方から勉強してるしなあ。

フィルム買うにもいろいろ種類があって悩んでいるんだもの。

 

そして、本日、初めての試写。

ドキドキしながらカメラのキタムラにフィルムを持って行った。

待つこと1時間、凄いよ、ちゃんと撮れてるよ。

構図、ピント、露出、合ってないのも多いけど、すごいよ。

下手くそな写真だけど、ちゃんと撮れたからね。

 

まあ、ゆっくり相棒と向き合っていこうと思った日でした。