いきなりライカ

初めてのカメラがバルナックライカ、仕事のついでに旅を楽しむ

モノクロ

NOOKYでおさんぽ

不自由なカメラ フィルムカメラの場合、装填されたフィルムを撮り終えるまで、色もISO感度も変えられない。なかなか臨機応変というわけにはいかない。 まあ、そんな不自由さをオレはむしろ楽しんでいるけどね。 「尽きせぬ自由は、がんじがらめの不自由さの…

ローライ35の写り ~モノクロフィルム編~

今週のお題「読書の秋」 フィルムカメラを始めてから、カメラ関係の本で山積みになっている。たぶん今年だけで50冊は超えた。写真集とかの分厚い本も多いので置き場所にも困ってきた。 そして、最近はカメラ関連の小説にも触手を伸ばしている。 谷中レトロ…

カメラぶらさげ、あるきまわった夏

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」 今年になって、フィルムカメラを買った。 古いカメラだ。とても気に入っている。 うれしくなって、ブログをはじめた。 はてなでブログを始めたのは、そのカメラを教えてくれた貴重な情報源のブロガーさ…

モノクロで撮る意味を考えてみた

まだカラーで写真が撮れない時代に作られた80年以上前のレンズだからかもしれないが、エルマーにしても、ズマールにしても、カラーフィルムより、モノクロフィルムの写りの方がオレの好みに合っている。 たぶん、バルナックを使うときには、特別な意図がない…

ズマール、ズマー、ズンマー

ライカには不文律があるらしい。 1つのボディに1つのレンズ。 オレもエルマー1本で走り抜けるつもりだった。 ただ、他のレンズも知りたい。そんな思いが込み上げてきた。 他のものも経験しないとエルマーのよさもわからない。 オレのエルマーはね、 「開放…

絵葉書みたいな松本城

松本城 今年は長野県に縁があって、7月に3回目の出張をしてきた。ただし今回は長野市ではなく松本市へ。松本は初めて訪れたが、埼玉から行くときのルートに迷う。新幹線で長野経由で入るか、中央本線で新宿経由で「特急あずさ」に乗るか。 「八時ちょうど…

フィルターを特注でつくってみた

モノクロフィルムで撮ってみて感じたこと 女性がキレイに写る これはオレの好みかもしれないが、 中年の女性を撮ってみて「おっ、若くてキレイだね!」って何回か思った。 しかも、色っぽく見える、、、、ような気がするだけかな? 男性は渋くて、かっこよく…

スティングに会いに大阪までいく

アナログの世界に自分を寄せる これまで出張で地方にでかけても、ホテルに泊まって、そのまま帰ることが多かった。 2年前からは、がんばって、いろいろなところを見るようにしている。体力もいるし、お金もかかる。でも、人生を楽しまないともったいない。テ…

別府タワー

18歳までを過ごした 我が故郷 別府。 どこに行っても、出身地を聞かれると大分県とは言わずに別府と答える。 大分は知らなくても別府の知名度は全国区だ。 温泉、地獄、最近は温泉ジェットコースターで遊園地(ラクテンチ)も知名度を上げてきた。そんな故郷…

太宰府天満宮 そして 麺を喰らう

福岡出張 5月に福岡に出張した。 福岡は学生時代を含めると7年間暮らした街。 ところが、恥ずかしながら観光ということでは、あまり行ったことがない。ということで、今回はド定番の太宰府天満宮から攻めることにしてみた。レンタカーを借りずに電車で行ける…

モノクロの写り方

写真を趣味にしてよかったことの一つは、外歩きをするようになったことだ。 これは健康にもいい。ぜひ続けていきたいと思う。カメラマンは体力が基本ですね。 そうだ京都に行こう 大阪出張の際に、後日泊して京都に寄ってみた。 頭の中は「そうだ、京都に行…

露出計を封印してみる

あれれ? 真っ黒くしか写っていない。 こんな失敗が いっぱいある。 太陽の日差しが強い快晴の日、日向と日陰がはっきりとしたところ、そして逆光。 んー、苦手だわ。 光の当たり方で、こんなに写真は影響を受けるんだなあ。 それを考えると、人間の目ってす…

カタチに残すということ

フィルムカメラで撮り始めたものの、思いのほか前に進めていない自分がいる。フィルムで撮った数は20本にも満たない。近所歩きで撮ったのが5~6本、地方出張の際に撮ったのが10数本ぐらいかな。むしろ本を読んで勉強することに時間を費やしている。まあ、焦…