いきなりライカ

初めてのカメラがバルナックライカ、仕事のついでに旅を楽しむ

名古屋 ~ウルトラマンの景色?~

三重での仕事は一定の評価を得た。 次は1月に再訪する。次回は1日間だけど、前後で写真撮りにいけるといいね。 さて、終了後は埼玉に帰る予定だった。 ところが身体が疲れすぎて、名古屋で急きょ泊まることにした。 名古屋駅の近くの景色って、子供の頃見て…

津城跡

ノスタルジックな海の景色を堪能した後に、高速道路ではなくのんびりと一般道で津まで向かっていると、道の駅を見つけた。 genki3.net 伊勢志摩観光物産館 ささゆりの郷 焼いた貝を売ってる店もある このセットで400円ぐらいだったかなぁ。 お酒が欲しくなる…

大王埼灯台 ~ノスタルジーを感じて~

そういえば、バルナックを相棒にしてから、あまり海の写真を撮っていない。 使い始めて1ヵ月後、別府に帰省した時に少し撮ったけど、その時は大失敗だった。 ノスタルジー 望郷の思い 横山展望台から向かったのは、大王埼灯台。 三重県の西の端っこの太平洋…

伊勢志摩国立公園 ~横山展望台~

出張のついでに写真を撮るをコンセプトにして旅を楽しんでいる。 仕事ではスーツに革靴。だから、旅はいつもスーツなのが窮屈に感じる。 できればラフなかっこうでスニーカーでどんどん歩いていきたい。 荷物は増えるが今回はジーンズにスニーカーを持参した…

伊勢神宮 ~伊雑宮~

まだカメラを趣味にする前だった昨年2月に伊勢神宮にいってみた。 初めて訪れた外宮、内宮の大きさ、荘厳さに圧倒された。年老いた母親を連れてきてみたいとも考えたが、歩くのが大変とも思った。体力を考慮すると、ちょっと無理かな。 親孝行は、できるうち…

逆像ビドム

バルナックライカに一目惚れではなかったかもしれない オレがカメラにはまるキッカケになった バルナックⅢa この写真を見て 一目惚れ。 写真は Ⅲfセルフ付きだけど、なんだかんだでⅢaに落ち着いた。 さて、オレはこの写真のどこに惹かれたんだろう? そのこ…

NOOKYでおさんぽ

不自由なカメラ フィルムカメラの場合、装填されたフィルムを撮り終えるまで、色もISO感度も変えられない。なかなか臨機応変というわけにはいかない。 まあ、そんな不自由さをオレはむしろ楽しんでいるけどね。 「尽きせぬ自由は、がんじがらめの不自由さの…

ローライ35の写り ~モノクロフィルム編~

今週のお題「読書の秋」 フィルムカメラを始めてから、カメラ関係の本で山積みになっている。たぶん今年だけで50冊は超えた。写真集とかの分厚い本も多いので置き場所にも困ってきた。 そして、最近はカメラ関連の小説にも触手を伸ばしている。 谷中レトロ…

ローライ35の写り ~カラーフィルム編~

ローライ35の機動力 この前の出張では、バルナックだけでなくローライ35も持って行った。 オレにとってローライ35の使い勝手は、すこぶるいい。 ずっと手に持っていても軽いので苦にならない。バッグに入れてもかさばらないからすぐに取り出せる。目測でバ…

伊勢志摩の彼岸花

久しぶりに三重県への出張。 しかも4泊5日の長旅。 帰りには疲れてしまって途中下車しちゃった。 名古屋でもついでに1泊。 そのまま帰ればいいのに、名古屋城、テレビ塔へ、歩き回ったなあ。 フィルムは6本も撮ってしまった。最高記録だなあ。 ところで、…

失敗からの気づきもあるね

初めてバルナックライカを相棒にして、これまでの間にいろいろと失敗をしてきた。 レンズの鏡胴を伸ばさすに撮影。 レンズキャップをしたまま撮影。 フィルム装填ミスでフィルム廃棄。 フィルム装填ミスで撮れていない。 これ以外にも数々の失敗を重ねてきた…

2度目のおつかい

古いレンズにはフードが必須と教わった。 エルマーにはライカ純正のFISONを装着して使っている。 ちょっと古いけど味があって気に入っている。 さて、ズマールのフード探しが難しい。 純正フードはこれ。かっこいいね。 SOOMPという。何と呼ぶのだろうか? …

木村伊兵衛に学ぶライカレンズ選択術

最初にエルマー50ミリを買って、新たにズマールの50ミリを買った。 今のオレには、バルナックⅢaが1台、50ミリレンズが2台になった。 さて、どんな時にエルマーを使い、どんな場面でズマールを使うといいんだろう? 単に、その日の気分でもいいんだろうけど、…

バルナックライカを相棒にしてよかった10のこと

今年の1月にバルナックⅢaを入手して、約8か月が経過した。バルナックが来る前と後では、生活スタイルも大きく変化している。 自分自身の記録としても、バルナックライカを相棒にしてよかったことを10にまとめてみた。 1.かけがえのない写真をカタチとし…

ロイ・カメラサービス

ローライ35 バルナックの出番は、休日か出張の時だけだった。普段の仕事の時に、もっと気軽に持っていけるカメラはないか? バルナックもコンパクトだけど、仕事でパソコンと多めの書類を持ち歩くオレには、ついでにバルナックをバッグに入れて、とはなら…

ちょっとエキセントリックな 小江戸 川越

ローライ35を手に入れて、リバーサルフィルムを装填して散歩にでかけました。 場所は蔵づくりの街並みで有名な小江戸 川越です。 クロスプロセス現像で、エキセントリックな風情の街並みをお楽しみください。 菓子屋横丁 蔵造りの街並み いつも包丁を研い…

初体験は失敗ばかりさ

初めてリバーサルフィルムを使ってみたんだけど、 やっぱりカメラに関して、オレの初体験には失敗がつきものらしい。 魚釣りの時のようなビギナーズラックは、全くないなあ。マダイもヒラメも大物を釣ったんだけどなあ。 フィルムは、フジのプロビア100F…

オレのズマール いや オレのズマーを紹介します

ちょっと前まで、有楽町のビックカメラのライカ売場にこの本が置いてあった。 ライカ物語 ライカ物語―誰も知らなかったライカの秘密 作者: エーミール・G.ケラー,Emil G. Keller,竹田正一郎 出版社/メーカー: 光人社 発売日: 2008/09/01 メディア: 単行本 こ…

カメラぶらさげ、あるきまわった夏

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」 今年になって、フィルムカメラを買った。 古いカメラだ。とても気に入っている。 うれしくなって、ブログをはじめた。 はてなでブログを始めたのは、そのカメラを教えてくれた貴重な情報源のブロガーさ…

モノクロで撮る意味を考えてみた

まだカラーで写真が撮れない時代に作られた80年以上前のレンズだからかもしれないが、エルマーにしても、ズマールにしても、カラーフィルムより、モノクロフィルムの写りの方がオレの好みに合っている。 たぶん、バルナックを使うときには、特別な意図がない…

ズマール、ズマー、ズンマー

ライカには不文律があるらしい。 1つのボディに1つのレンズ。 オレもエルマー1本で走り抜けるつもりだった。 ただ、他のレンズも知りたい。そんな思いが込み上げてきた。 他のものも経験しないとエルマーのよさもわからない。 オレのエルマーはね、 「開放…

引き継がれていくカメラたち

高校時代の友人からlineが入った。 オヤジさんが、亡くなった。 そのオヤジさんとはオレも面識があった。オレにもよくしてくれた気さくな おいちゃんだった。悲しい連絡だった。 ※大分弁で おじさんのことを おいちゃんと呼ぶ その後の会話から、オレが古い…

ヌーキーを使ってみる

バルナックライカでは、通常は被写体との距離が1mまでしか寄れない。まあ、そこまで寄れればオレには十分なんだけど、ライカにはもっと寄るためのアイテム、ヌーキーなるものが用意されている。40㎝まで寄れるらしい。 そんな純正のアイテムが欲しくて、…

絵葉書みたいな松本城

松本城 今年は長野県に縁があって、7月に3回目の出張をしてきた。ただし今回は長野市ではなく松本市へ。松本は初めて訪れたが、埼玉から行くときのルートに迷う。新幹線で長野経由で入るか、中央本線で新宿経由で「特急あずさ」に乗るか。 「八時ちょうど…

カメラと最悪の相性の趣味

旅にでかけて、記念に思い出の写真を撮る。 カメラと旅行は相性ピッタリの趣味だと思う。 グルメ、イベント、スポーツ、レクレーション、、、 カメラは、どんな趣味や出来事とも相性がいい。 ところが、一つだけ、相性が最悪なものがわかった。 船釣り 釣り…

フィルターを特注でつくってみた

モノクロフィルムで撮ってみて感じたこと 女性がキレイに写る これはオレの好みかもしれないが、 中年の女性を撮ってみて「おっ、若くてキレイだね!」って何回か思った。 しかも、色っぽく見える、、、、ような気がするだけかな? 男性は渋くて、かっこよく…

ひしゃかいしんど

カメラ本、写真雑誌、ブログを読んでいて、結構、わからない専門用語が多い。その際に、いちいち調べていたらなかなか前に進めないので、テキトーに解釈しながら読み進めていた。今年だけで、カメラ関連の本を50冊ぐらい買ってると思う。 最近は、そんな本た…

でっかいなあ 大阪城

大阪に出張する機会は そこそこ多い。 足を伸ばして真っ先に行ったところは、なんばグランド花月だった。 奈良の大仏様にも行ったし、姫路城にも行ったのに、 それなのに、大阪城にはまだ一度も行ったことがなかった。 圧倒的に広い大阪城 入口近くの噴水で…

スティングに会いに大阪までいく

アナログの世界に自分を寄せる これまで出張で地方にでかけても、ホテルに泊まって、そのまま帰ることが多かった。 2年前からは、がんばって、いろいろなところを見るようにしている。体力もいるし、お金もかかる。でも、人生を楽しまないともったいない。テ…

はじめてのおつかい

敷居の高い中古カメラ店 家電屋に並ぶ新品のカメラは平気で見て、平気で触って、平気で店員さんと話すことができる。 なんでだろう? 中古のカメラ店は入りづらいなあ。 オレだけかなあ。 最近になって、入りづらい一番の理由がわかってきた。 それは、店の…